心を壊さないように対策をしよう

身近な人のうつ病を治すために|接し方で変わるうつの症状

発言に理解を示す

看護師

うつ病の人への接し方は、基本的に相手のいい分に理解を示すことが挙げられます。うつ病の人の多くは、ネガティブな発言ばかりを繰り返すので、思わず否定をしたくなる人も多いでしょう。しかし、カウンセリングのように相手に発言を受け止めることで、相手の精神を落ち着かせられるのです。

重要な生活習慣

頭を抱える人

うつ病の人の症状を緩和させる方法として、生活習慣を改めさせる接し方をすることが挙げられます。大豆を使った食事を出すことや、正しい睡眠習慣をさせること、無理のない運動習慣をつけさせるなど、生活習慣を改めさせられればうつの症状も緩和できます。

高齢うつへの対処法

カウンセリング

うつ病は若い人だけではなく、高齢の人にも多く発症します。特に高齢うつは認知症と誤認されやすいので、正しい対処ができずに症状を悪化させることがあります。心療内科へ受診させるほか、被害妄想に対して柔軟に対応するなど、接し方を変えることで対処ができます。

自殺を止めるための対応

婦人

最も接し方に困るのが、うつ病の人が自殺をすることについて聞いてきたときでしょう。否定すると相手の孤立を招き、肯定すると本当にその気になるため、接し方には注意が必要です。相手の話を聞いて、悩みなどを吐露させながら理解を示して見せることで、対処ができます。

大事な休養の取らせ方

医者たち

多くのメディアでも危険性が伝えられている精神病といえば、うつ病が挙げられます。このうつ病は、気分障害ともいわれる病です。常に強い倦怠感と急激な意欲の低下、ネガティブ思考や被害妄想などに悩まされるようになります。多くの人はうつ病に罹る人は精神的に弱い人だけだと考えるものですが、うつ病は誰にでも罹るリスクが高い病です。むしろ、根性論でなんでもこなせると考える人ほど、心身に無理をさせることが多いため、何らかのきっかけでうつに罹るリスクが高いといえます。また、気分障害という単語から、気分や気持ちを改めれば治る病だと考える人もいます。しかしうつ病は気持ちを切り替えでなんとかなる病ではありません。むしろ「どうやっても気持ちや考えが切り替わらない」からこそ「気分障害」という単語が冠されるのです。家族や友人、恋人がこのうつ病に罹ってしまった場合、相手の人は一人で自立生活を送ることもできなくなります。そのため、症状が改善するまでしっかりと支えてあげることが重要となります。

うつ病を治療するために、最も重要なのは休養を取らせることです。学業や仕事は、本人にとって好きなことだとしても、通わせることで必ずストレスが生じるようになります。うつ病に罹った場合、長期の休養を取らせることが重要となるのです。早く学校や職場へ復帰させるように、うつ病の相手を叱ることや元気づけるようなことをすれば、相手の人は周りの人に迷惑を掛けていると考えてしまい、余計にうつが進行してしまいます。正しい接し方としては、相手に無理をさせず休ませてあげることでしょう。学校や仕事に行きたくないというなら、自宅で療養させてあげるとよいでしょう。しかし、休ませることが重要だとしても、相手が学校や仕事へ行く意欲を見せているなら、無理に休ませるのは厳禁です。そのような接し方をしていると、相手の意思を尊重させられないため、相手の人は孤立感などのネガティブな感情をより深めてしまうでしょう。休養を取らせる場合は、相手の意思をしっかりと尊重してあげることが重要となるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加