ウーマン

身近な人のうつ病を治すために|接し方で変わるうつの症状

発言に理解を示す

看護師

家族や友人、恋人がうつ病に罹った場合、本人を追い込むような接し方は控えたほうがよいでしょう。うつ病に罹った人を責め、精神的に追い詰めるような接し方をすれば、ますます症状が深刻化してしまいます。

うつ病に罹った場合、強い倦怠感によってほとんど部屋から出てこなくなることや、ネガティブ思考に囚われ、常に人の発言や物事に対して悲観的な感情を持ちます。多くの人にとって、そういった行動はまるで子供が駄々をこねているように見えてしまうため、叱り飛ばして激を入れれば治るだろうと考えます。しかし、うつ病に罹った人の多くは自罰的な感情や考えに陥ります。激を入れるような接し方をすると、自罰的な妄想を肯定することとなるため、うつ症状が深刻な状態になる可能性があります。また、多くの人が行ないがちな接し方として、自分の苦労話をして励ますといったやり方です。自分もつらい時期があったのだからという励ましは、裏を返せば「自分から見れば大した問題じゃない」「そんな症状は甘えだ」ということを暗に伝えることとなるため、うつ病の人への接し方としては間違いといえるでしょう。

ではうつ病の人にはどのような接し方がよいのか、と多くの人は疑問に思うでしょう。心療内科では、こうしたうつ病の人にたいしてカウンセリングによって対応します。病院などで一度受けた経験がある人ならわかるとおり、カウンセリングでは医師は決して患者さんを否定するような言動は行ないません。相手の患者さんの発言に頷き、一度受け止めた後に患者さんを納得させるように意見を述べて、患者さんに理解してくれるように伝えます。このカウンセリングによる方法と同じように、うつ病の人の発言は否定せず、まずは受け止めて理解してあげることが重要となります。うつ病になると、ネガティブ思考による悲観的な発言や、精神的な不安定さによって攻撃的な発言を行なうことがあります。普通の人であれば、うつ病の人の言動は間違っていると思えるため、相手を正すために間違いを即座に否定する人も多いでしょう。しかし、こうした接し方がうつ病の人の立場を追い詰めることとなるため、対応には注意する必要があります。相手の発言に理解し、相手に寄り添うつもりで接してあげることで、うつ病が深刻化することを避けられるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加